スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハードウェアとアーキテクチャ(2)

1.シリアルポートのIRQやUARTチップの種類を表示するコマンドは

正解:setserial

2.USBは、カーネル2.4でホットプラグに対応し、/sbin/hotplugが適切な処理を行う。このとき使われるスクリプトが格納されているディレクトリはどれか?

1. /etc/usb/hotplug
2. /proc/bus/usb
3. /etc/hotplug
4. /proc/usb
5. /etc/rc.d/init.d

正解: 3

ホットプラグのスクリプトは/etc/hotplugに格納されます。


3.利用しているコンピュータに搭載されているUSBコントローラの種類を確認するときに役立つと考えられるコマンドを2つ選択せよ。

1. lsmod
2. ldconfig
3. cat /etc/usb-core
4. dmesg
5. cat /proc/ioports

正解: 1 , 4

lsmodコマンドやdmesgコマンドの結果をgrepするなどして、USBコントローラの種類を確認できます(ただし、カーネルに認識されていないときやモジュールが存在しないときなどは確認できません)。

root# lsmod | grep uhci
uhci_hcd 31065 0


USBコントローラにはUHCIとOHCIがあり、使用するマザーボードなどによって異なります。
Linuxでは双方に対応しています。


4.USBデバイスクラスと対応するデバイスについて不適切な組み合わせはどれか。

1.[Mass Strage Devices]と[ハードディスクやCD-ROMドライブ]
2.[HID]と[USB、HUB]
3.[Communication Devices]と[モデム、NIC]
4.[Audio Devices]と[音源モジュールやスピーカ]
5.[Printer Devices]と[プリンタ]

正解: 2

HID(Human Interface Devices)は、キーボードやマウスなどに対応するデバイスクラスです。


5.USB1.1規格の説明として適切なものはどれか?

1. ホットプラグに対応している
2. プラグ&プレイに対応している
3. 最大接続機器数は15台である
4. 転送速度は最大480Mbpsである
5. Linuxではカーネル2.0で正式に対応した

正解:1 , 2

USBの最大接続機器数は127台です。
USB1.1の転送速度は最大12Mbpsであり、
USB2.0になって最大480Mbpsとなりました。

Linuxで正式に対応したのはカーネル2.4からです
(カーネル2.2でも一部機能を使えるバージョンがあります)。


6.UHCI、OHCI。それぞれのドライバ(USBコントローラドライバ)を記述せよ

正解:usb-uhci.oとusb-ohci.o

7.USBモジュールを手動でロードするコマンドは

正解:modprobe

8.USBデバイスの情報を表示するコマンドは

正解:lsusb [オプション]

9.USBデバイスが利用しているカーネルモジュールを表示するコマンドは

正解:usbmodules

スポンサーサイト

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LINUX LPIC

ハードウェアとアーキテクチャ(1)

1.以下のようにI/Oアドレスの一覧を表示するには、なんというファイルを参照すればよいか。

0000-001f : dma1
0040-005f : timer
0060-006f : keyboard
0070-007f : rtc

正解:/proc/ioports

2.SCSI-1規格において、接続可能なデバイスの数はいくつか?ただし、ホストアダプタは含まないものとする。

正解:7

3.Ultra Wide SCSIのホストアダプタを装着しているPCにおいて、このホストアダプタに接続できるSCSI機器は何台か?

正解:15台

4.1台のSCSIハードディスクで利用できる最大論理パーティション数何個か?

正解:11個

パーティションの合計最大数は、
IDEディスクの場合は63個、SCSIディスクの場合は15個となります。
IDE ディスクの場合は63個(基本パーティション 3 個と論理パーティション 60 個)
SCSIディスクは、SCSIの最大パーティション数は15です。
その場合、次のように分割することができます。

基本パーティション -- 3個
拡張パーティション -- (1個)←数に入れない。
論理パーティション -- (/dev/sda5~/dev/sda16)12個


5.SCSIについての説明で、正しいものをすべて選択せよ。

1. SCSIコントローラを除くと,7台もしくは15台までのデバイスを接続できる
2. SCSI機器は、ハードウェア固有のMACアドレスで識別される
3. SCSI機器の基本設定は、Linuxconf を利用できる
4. SCSI接続の両端には終端装置が必要である
5. Ultra SCSI や Fast SCSI はバス幅が8ビットである

正解: 1 , 4 , 5

1:SCSI-2などは7台、Wide SCSIなどは15台が接続できます。
2:MACアドレスはネットワークカードの識別に使われます。
3:Linuxconfでは設定できません。
4:終端装置(ターミネータ)が必要です。内蔵されている場合も多いです。
5:バス幅(1回の転送で送れるデータ量)が8ビットのものは、7台のデバイスが接続できます。


6.SCSIデバイスの詳細な情報を表示できるコマンドはどれか?

1. cat /dev/sd*
2. cat /etc/scsi
3. scsi_info
4. cat /proc/scsi_info
5. lspci

正解:3

scsi_infoコマンドで、SCSI IDやデバイスのモデル名などの情報を表示することができます。

# /sbin/scsi_info /dev/sda


7.SCSI接続されているデバイスの詳細情報を調べるにはどこのファイルをを参照すればよいか

正解:/proc/scsi/scsi

8.PCIデバイスの情報を調べるにはどこのファイルを参照すればよいか。また、表示させるコマンドは

正解:ファイル→/proc/pci コマンド→lspci

9.デバイスごとのDMA,IRQ,I/Oアドレスを一覧表示させるコマンドは

正解:lsdev

10.サウンド・カードを接続したとき、使用されるI/Oアドレスとして一般的なものを選択しなさい。

1. 0x220
2. 0x03f8
3. 0xd800
4. IRQ7
5. COM1

正解:1

CPUと各種デバイスは「I/Oポート」というものを通してデータをやりとします。
デバイスは、他のデバイスが使用するI/Oポートを利用できません。したがって、デバイスごとに別々のI/Oポートを利用する必要があります。本文で問われている「I/Oアドレス」はI/Oポートの位置です。Sound Blasterなど、ISAバス・サウンド・カードは、一般的にI/Oポート・アドレスが「220-22Fh」のI/O ポートを利用します。これを簡単に表記すると「0x220」となります。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LINUX LPIC

スカウター
プロフィール

Author:うにえる
個人的メモ

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。