スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X Window System(3)

1.xdmグラフィカルログイン時の背景を設定するための設定ファイルとして適切なものを選択しなさい。

1. /etc/X11/XF86Config
2. /etc/X11/prefdm
3. /etc/X11/xdm.conf
4. /etc/X11/xdm/Xsetup_0

正解:4

xdmはグラフィカルなログイン・マネージャです。xdmの背景画像は、xsriというプログラムによって表示されています。そのため、xdmの背景画像を指定するためには、xsriコマンドを内部で起動しているシェル・スクリプト「/etc/X11/xdm/Xsetup_0」の内容を変更する必要があります。


2.xdmを実行したあとに読み込まれるスクリプトファイルを選択しなさい。

1. XF86Config
2. xinit
3. Xsession
4. xdm-config

正解:3

グラフィカルなウィンドウ・マネージャxdmは、起動後に設定ファイル「xdm-config」を読み込みます。この設定ファイルには、xdmの起動後に実行されるシェル・スクリプト名が記述されています。すなわち、xdmの起動後にはシェル・スクリプト「/etc/X11/xdm/Xsession」が実行されます。
シェル・スクリプト「/etc/X11/xdm/Xsession」では、Xサーバの起動後に実行されるアプリケーションや、読み込む設定ファイルなどの情報が記述されています。


3.一般ユーザーが、startx コマンドを実行して X を起動する。このとき、デフォルトで起動されるウィンドウ・マネージャーを指定するための設定ファイルとして適切なものを選択しなさい。ただし、設定ファイルは一般ユーザーのホームディレクトリに配置するものとする。

1. .xinitrc
2. .wmset
3. .desktop
4. .XClients

正解:1

デフォルトのウィンドウ・マネージャ(デスクトップ環境)は、ディストリビューションによってまちまちです。例えば、Red Hat Linux 7.3ではGNOME がデフォルトのデスクトップ環境に指定されています。このため、コンソール画面でstartxコマンドを実行するとGNOMEの画面が表示されます。これを変更するためには、ユーザーのホーム・ディレクトリに設定ファイル「.xinitrc」を作成し、そこにstartxコマンドで起動したいウィンドウ・マネージャ(デスクトップ環境)を記述します。


4.多くのディストリビューションでは、Xを起動するためのランレベルが指定されている。このランレベルに移行した際、どのようなことが起こるか? 適切なものを選択しなさい。

1. startxコマンドでXを起動できるようになる
2. Xが終了してコンソール画面が表示される
3. グラフィカルなログイン画面が表示される
4. 一般ユーザーがバーチャル・コンソールを使えなくなる
5. ウィンドウ・マネージャの選択画面が表示される

正解:3

Red Hat系のLinuxディストリビューションでは、ランレベル「5」はXを起動するモードに設定されています。このようなディストリビューションでは、システム起動時のランレベルを「5」に設定するか、システム運用中にランレベルを「5」に変更すると、X が自動的に起動され、グラフィカルなログイン画面が表示されます。ランレベル「3」はテキスト・ベースのログイン画面を表示するモードに設定されています。


5.ホストaaa上で動作しているXクライアントの出力を、
ホストbbb上で動作しているXサーバで表示したい。以下はその設定作業の一部である。下線部に当てはまる環境変数は何か?

$ export ______=bbb:0.0

正解: DISPLAY

Xクライアントの出力先を指定する環境変数はDISPLAYで、書式は次のとおり。

[ホスト名]:ディスプレイ番号[.スクリーン番号]


6.XクライアントがXサーバをネットワーク経由で利用できるように設定したい。
Xサーバへのアクセス制御を行うコマンドは何か。
コマンド名のみ記述せよ。

正解: xhost

xhostコマンドは、Xサーバを利用できるホストのアクセス制御を設定します。

$ xhost +aaa

とすると、ホストaaaのXクライアントがXサーバへ接続できるようになります。
スポンサーサイト

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LPIC LINUX

X Window System(2)

1.以下は、XFree86バージョン4におけるXF86Configの一部である。下線部に当てはまるセクション名はどれか?

Section "__________________"
FontPath "unix/:7100"
EndSection

1. Fonts
2. Files
3. Screen
4. Directory
5. Monitor

正解:2

FontPathではフォントの格納されているパスを指定しますが、xfs(Xフォントサーバ)を使っている場合は、問題にあるような表記になります。フォントの指定はFilesセクションで行います。


2.XFree86の設定ファイル名は何か?

正解: XF86Config

XF86ConfigファイルでXFree86の設定を行います。一般的に、/etc/X11/XF86Configなどに配置されていますが、ディストリビューションにより異なります。


3.X Window System の説明として適切なものを全て選択せよ。

1. X用のプログラムやアプリケーションは、Xクライアントと呼ばれている
2. Xクライアントがディスプレイをコントロールしている
3. 1台のコンピュータで複数のXサーバを利用できる

正解: 1 , 3

2. のみ誤り。ディスプレイをコントロールするのはXサーバーです。リモートコンピュータで複数のXクライアントを起動し、それをローカルのサーバで表示させたりもできます。


4.ランレベル5で起動されるシステムで、ログイン画面のデザインを変更するには、どのファイルを設定すればよいか?

1. /etc/X11/xdm/Xresources
2. /etc/X11/xdm/Xsession
3. /etc/X11/xinit/xinitrc
4. /etc/X11/xinit/Xdefault

正解: 1

/etc/X11/xdm/Xresourcesで、ログイン画面のデザインを変更することができます。


5.xdmを使ってグラフィカルログインを行っている。ログイン時に壁紙が表示されるようにするには、どの設定ファイルに設定を記述すればよいか?

1. /etc/X11/xdm/Xaccess
2. /etc/X11/xdm/Xsetup_0
3. /etc/X11/XF86Config
4. /etc/X11/xdm/xdm.conf
5. /etc/X11/xdm/xdm.config

正解: 2

/etc/X11/xdm/Xsetup_0ファイルは、ログイン画面が表示される前に実行されます。


6.以下の中からXFree86で使用することのできるディスプレイマネージャをすべて選択せよ。

1. xdm
2. twm
3. gdm
4. Sawfish
5. kdm

正解: 1 , 3 , 5

ディスプレイマネージャはxdm以外にも、GNOMEが用意しているgdm、KDEが用意しているkdmがあります。twm、Sawfishはウインドウマネージャです。


7.gdmを設定するための主設定ファイルを選択しなさい。

1. gdm-conf
2. gdm-config
3. gdm.conf
4. gdm.config

正解:3

gdmはグラフィカルなログイン画面を表示するためのプログラムです。gdmは、ログイン画面で言語やウィンドウマネージャを選択できることが特徴です。gdmプログラムの設定ファイルは「/etc/X11/gdm/gdm.conf」です。この設定ファイルでは、ログイン画面に表示するメッセージや、利用者に対するセキュリティなどの設定内容が記述されています。ユーザーは設定ファイル「/etc/X11/gdmgdm.conf」を調整することで、ログイン画面の内容を変更できるというわけです。


8.gdmの背景を設定するための設定ファイルとして適切なものを選択しなさい。

1. /etc/X11/gdmrc
2. /etc/X11/gdm/gdm.conf
3. /etc/X11/gdm/Init/Default
4. /etc/X11/xinit/xinitrc

正解:3

gdmはGNOME標準のグラフィカルなログイン・マネージャです。gdmの背景画像が指定されている設定ファイルはディストリビューションによって異なります。例えば、Turbolinuxではgdmの背景画像はスクリプト「/etc/X11/xdm/Xsetup_0」で指定されています。また、Red Hat Linuxでは背景画像はスクリプト「/etc/X11/xsrirc」で指定されています。ここで、Turbolinuxではスクリプト「/etc /X11/xdm/Xsetup_0」のシンボリック・リンク「/etc/X11/gdm/Init/Default」が存在するので、こちらを編集することでもgdm の背景画像を設定できます。ここまで挙げたファイルのうち、本文の選択肢に存在するのは「/etc/X11/gdm/Init/Default」のみです。したがって、正解は選択肢3になります。


9.xdmの設定ファイルの一つ、Xaccessが収められているディレクトリはどれか?

1. /etc
2. /etc/X11
3. /etc/XF86
4. /etc/X11/xdm
5. /etc/X11/XF86/xdm

正解: 4

xdm (X display manager) は、GUI画面でユーザーログインの認証を行ったり環境の設定を行えるプログラムです。Xaccessファイルは、ネットワーク上のどのマシンがXDMに接続できるかの設定を記述します。xdm関連の設定ファイルは一般的に、/etc /X11/xdmに配置されています(ディストリビューションにより異なる場合もありますが、LPIではこのディレクトリとされています)。


10.ネットワーク経由でxdmを利用する場合に利用される、xdmの制御プロトコルは何か?

正解: XDMCP

X端末からxdmが稼動しているホストへは、XDMCPプロトコルを使って接続します。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LINUX LPIC

X Window System(1)

1.X Window System上で、キーボードの配列を設定したい。どのコマンドを利用するのが適切か?

1.xkbd
2.xmodmap
3.xmap
4.xkeyboard
5.xckey

正解: 2

CapsLockキーとCtrlキーを入れ替えるなど、キーボードの配列を変更したい場合は、xmodmapコマンドを利用するのが便利です。コマンドラインでも定義できますが、設定ファイルをあらかじめ作成しておき、それを読み込んで実行するのがよいでしょう。


2.コンソール画面でXF86Configの設定ができるコマンドはどれか?

1.XF86Setup
2.xf86cfg
3.xf86config
4.XFree86Config
5.XF86CFG

正解: 3

xf86configはテキストベースの設定ツールです。XF86Setupやxf86cfgはGUIベースのツールです。


3.動作中のXサーバのディスプレイ関連情報を表示するにはどのコマンドを実行すればよいか?

1.cat /proc/X/xdp
2.xdm --show-display
3.X --show-dpinfo
4.xdpyinfo

正解: 4

X上のターミナルでxdpyinfoコマンドを実行すると、Xサーバのディスプレイ関連情報が表示されます。


4.ランレベル5で起動するように設定している。ログイン後、自動的にいくつかのプログラムを起動させたい場合、どのファイルに設定すればよいか?

1.~/.xdmrc
2./etc/prefdm
3.~/.xsession
4./etc/X11/xdminit

正解: 3

ランレベル5でログインした場合、ユーザーのホームディレクトリにある.xsessionファイルのスクリプトが実行されます。
/.xsessionがない場合、/etc/X11/xdm/Xsessionが実行されます。Xの起動時に自動的にスタートさせたいプログラムや各種設定を書いておきます。


5.startxでXを開始した。GUI画面は表示されているが、表示が画面の右側に寄りすぎているため、一部が欠けてしまっている。画面のずれをただちに修正するには、どのツールを使うのが適切か?

1.xdm
2.xvidtune
3.xdmcp
4.xinit
5.xfs

正解: 2

xvidtuneは画面のずれなどを修正できるツールです。パラメータ調整後すぐに適用することができます。xdmはGUIログインなどを提供するディスプレイマネージャ、XDMCPはxdmで利用するプロトコル、
xinitはXサーバの起動スクリプト、xfsはフォントサーバです。

6. 16ビットカラーに設定すると、最大何色の表示が可能となるか?

正解: 65536

16ビット = 2^16 = 65,536


7.X上で利用することのできる色をリスト表示するコマンドはどれか?

1. showrgb
2. xcolor
3. /usr/X11/bin/X --color-enable
4. xsetup
5. cat /proc/X/screen/colors

正解: 1

showrgbを実行すると、RGBそれぞれの8ビット値と利用可能な色の名前がリスト表示されます。

$ showrgb
255 250 250 snow
248 248 255 ghost white
248 248 255 GhostWhite
245 245 245 white smoke
245 245 245 WhiteSmoke


8.Linuxをインストール中に、X Window Systemの解像度を設定した。ところが、Xを起動すると680×480の解像度で画面が表示される。解像度はtoggleすれば変更できるが、Xの起動と同時に高解像度で画面を表示したい。これを行うために編集する必要がある設定ファイルを選択しなさい。

1. XF86Config
2. xinit
3. xinitrc
4. xvidtune

正解:1

X Window Systemの設定ファイルは「XF86Config(/etc/X11/XF86Config)」です。この設定ファイルでは、ビデオ・アダプタ用のドライバやモニタのスペック情報、表示解像度などを指定します。


9.X Window Systemにおいて、Xプログラムの起動順序として適切なものを選択しなさい。

1. startx --> xinitrc --> xinit --> Xclients
2. xinit --> startx --> xinitrc --> Xclients
3. startx --> xinit --> xinitrc --> Xclients
4. startx --> Xclients --> xinit --> xinitrc

正解:3

コンソール画面が表示されている状態でXを起動するためには、startxコマンドを実行します。startxコマンドはシェル・スクリプトです。その内部ではxinitコマンドを実行しているため、startxコマンドを実行するとxinitコマンドが起動されます。xinitコマンドはXサーバを起動するためのプログラムです。xinitコマンドは、起動後にスクリプト「xinitrc」を実行します。このあと、スクリプト「xinitrc」によって設定ファイル「.Xresources」と「.Xclients」が読み込まれ、最終的にウィンドウ・マネージャが立ち上がります。


10.X Window Systemを設定し起動した。ところが、Xの画面が中央に表示されない。これを改善するために使うコマンドとして、適切なものを選択しなさい。

1. xvideoagent
2. xset
3. xvidtune
4. xwindow

正解:3

Xで表示される画面の位置を調整するためには、モニタの調整機能か調整ツールを利用します。本文では、調整ツールが問われています。Xによる画面の表示位置を調整するツールは「xvidtune」です。このツールを利用するためには、ktermやxtermなどのX用ターミナル・ソフト上で、次のようにコマンドを実行します。

$ xvidtune

すると、xvidtuneプログラムの画面が表示されます。画面には「Left」ボタンや「Right」ボタンなどが配置されています。これらのボタンをマウスを使って操作することで、画面の表示位置を調整できます。なお、xvidtuneプログラムはXFree86に収録されているため、Xを利用できる環境であれば別途インストールする必要はありません。

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LPIC LINUX

スカウター
プロフィール

Author:うにえる
個人的メモ

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。