スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

X Window System(1)

1.X Window System上で、キーボードの配列を設定したい。どのコマンドを利用するのが適切か?

1.xkbd
2.xmodmap
3.xmap
4.xkeyboard
5.xckey

正解: 2

CapsLockキーとCtrlキーを入れ替えるなど、キーボードの配列を変更したい場合は、xmodmapコマンドを利用するのが便利です。コマンドラインでも定義できますが、設定ファイルをあらかじめ作成しておき、それを読み込んで実行するのがよいでしょう。


2.コンソール画面でXF86Configの設定ができるコマンドはどれか?

1.XF86Setup
2.xf86cfg
3.xf86config
4.XFree86Config
5.XF86CFG

正解: 3

xf86configはテキストベースの設定ツールです。XF86Setupやxf86cfgはGUIベースのツールです。


3.動作中のXサーバのディスプレイ関連情報を表示するにはどのコマンドを実行すればよいか?

1.cat /proc/X/xdp
2.xdm --show-display
3.X --show-dpinfo
4.xdpyinfo

正解: 4

X上のターミナルでxdpyinfoコマンドを実行すると、Xサーバのディスプレイ関連情報が表示されます。


4.ランレベル5で起動するように設定している。ログイン後、自動的にいくつかのプログラムを起動させたい場合、どのファイルに設定すればよいか?

1.~/.xdmrc
2./etc/prefdm
3.~/.xsession
4./etc/X11/xdminit

正解: 3

ランレベル5でログインした場合、ユーザーのホームディレクトリにある.xsessionファイルのスクリプトが実行されます。
/.xsessionがない場合、/etc/X11/xdm/Xsessionが実行されます。Xの起動時に自動的にスタートさせたいプログラムや各種設定を書いておきます。


5.startxでXを開始した。GUI画面は表示されているが、表示が画面の右側に寄りすぎているため、一部が欠けてしまっている。画面のずれをただちに修正するには、どのツールを使うのが適切か?

1.xdm
2.xvidtune
3.xdmcp
4.xinit
5.xfs

正解: 2

xvidtuneは画面のずれなどを修正できるツールです。パラメータ調整後すぐに適用することができます。xdmはGUIログインなどを提供するディスプレイマネージャ、XDMCPはxdmで利用するプロトコル、
xinitはXサーバの起動スクリプト、xfsはフォントサーバです。

6. 16ビットカラーに設定すると、最大何色の表示が可能となるか?

正解: 65536

16ビット = 2^16 = 65,536


7.X上で利用することのできる色をリスト表示するコマンドはどれか?

1. showrgb
2. xcolor
3. /usr/X11/bin/X --color-enable
4. xsetup
5. cat /proc/X/screen/colors

正解: 1

showrgbを実行すると、RGBそれぞれの8ビット値と利用可能な色の名前がリスト表示されます。

$ showrgb
255 250 250 snow
248 248 255 ghost white
248 248 255 GhostWhite
245 245 245 white smoke
245 245 245 WhiteSmoke


8.Linuxをインストール中に、X Window Systemの解像度を設定した。ところが、Xを起動すると680×480の解像度で画面が表示される。解像度はtoggleすれば変更できるが、Xの起動と同時に高解像度で画面を表示したい。これを行うために編集する必要がある設定ファイルを選択しなさい。

1. XF86Config
2. xinit
3. xinitrc
4. xvidtune

正解:1

X Window Systemの設定ファイルは「XF86Config(/etc/X11/XF86Config)」です。この設定ファイルでは、ビデオ・アダプタ用のドライバやモニタのスペック情報、表示解像度などを指定します。


9.X Window Systemにおいて、Xプログラムの起動順序として適切なものを選択しなさい。

1. startx --> xinitrc --> xinit --> Xclients
2. xinit --> startx --> xinitrc --> Xclients
3. startx --> xinit --> xinitrc --> Xclients
4. startx --> Xclients --> xinit --> xinitrc

正解:3

コンソール画面が表示されている状態でXを起動するためには、startxコマンドを実行します。startxコマンドはシェル・スクリプトです。その内部ではxinitコマンドを実行しているため、startxコマンドを実行するとxinitコマンドが起動されます。xinitコマンドはXサーバを起動するためのプログラムです。xinitコマンドは、起動後にスクリプト「xinitrc」を実行します。このあと、スクリプト「xinitrc」によって設定ファイル「.Xresources」と「.Xclients」が読み込まれ、最終的にウィンドウ・マネージャが立ち上がります。


10.X Window Systemを設定し起動した。ところが、Xの画面が中央に表示されない。これを改善するために使うコマンドとして、適切なものを選択しなさい。

1. xvideoagent
2. xset
3. xvidtune
4. xwindow

正解:3

Xで表示される画面の位置を調整するためには、モニタの調整機能か調整ツールを利用します。本文では、調整ツールが問われています。Xによる画面の表示位置を調整するツールは「xvidtune」です。このツールを利用するためには、ktermやxtermなどのX用ターミナル・ソフト上で、次のようにコマンドを実行します。

$ xvidtune

すると、xvidtuneプログラムの画面が表示されます。画面には「Left」ボタンや「Right」ボタンなどが配置されています。これらのボタンをマウスを使って操作することで、画面の表示位置を調整できます。なお、xvidtuneプログラムはXFree86に収録されているため、Xを利用できる環境であれば別途インストールする必要はありません。

スポンサーサイト

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LPIC LINUX

コメントの投稿

非公開コメント

スカウター
プロフィール

Author:うにえる
個人的メモ

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。