スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

システム管理(2)

1.Kent のアカウント「kent」は3つのグループに所属している。
活動するグループを group1 から group2 へ変更したい場合、どのコマンドを使えばよいか?

1.groupadd
2.addgroup
3.groupmod
4.chgroup
5.newgrp

正解:5

newgrp はログインセッション中に現在のグループ ID を変更するために用いられる。newgrpコマンドで、所属グループを変更することができます。もちろんその前にグループに参加しておく必要があります。引数を付けないでnewgrpコマンドを実行すると、そのユーザーのプライマリグループに変更されます。


2.rootで「useradd -D」を実行するとどうなるか?

1.rootユーザーを削除する
2.root以外のすべてのユーザーを削除する
3.rootと同じ権限をもったユーザーを作成する
4.ユーザー作成のデフォルト値を表示する

正解: 4

-D オプションは、ユーザー作成のデフォルト値を表示します。

root# useradd -D
 GROUP=100
 HOME=/home
 INACTIVE=-1
 EXPIRE=
 SHELL=/bin/bash
 SKEL=/etc/skel

この情報は、/etc/default/useraddにあります。また、他のオプションと組み合わせてデフォルト値の変更もできます。d オプションは、ユーザーのホームディレクトリを指定します。


3.ホームディレクトリを/home/hogeとして、lpicユーザーのアカウントを作成するコマンドは

正解: useradd -d /home/hoge lpic

4.現在、ファイル/etc/passwdにハッシュされたパスワードが記述されている。シャドウパスワードを利用できるようにするには、どのコマンドを実行すればよいか。

1.passwd -u
2.usermod -U
3.userdel user020
4.pwconv
5.pwunconv

正解:4

従来、パスワード情報は、ハッシュされたパスワードデータを/etc/passwdに記述していました。しかし、通常のコマンド実行のために、/etc/passwdは一般ユーザーにも読み取り可能な状態にしておく必要があります。昨今のコンピュータの処理能力の向上により、ハッシュされたパスワードであっても総当り方式によるパスワード解析が現実的なものとなってきました。そこで、/etc/passwdからパスワード情報を別のファイル/etc/shadowに移動し、一般ユーザーからは参照できないようにしました。この仕組み及び/etc/shadowに格納されたパスワードのことをシャドウパスワードといいます。

【シャドウパスワード関連コマンド】

pwconv: パスワードを/etc/passwdから/etc/shadowに移行する
pwunconv: パスワードを/etc/shadowから/etc/passwdに移行する
grpconv: グループパスワードを/etc/groupから/etc/gshadowに移行する
grpunconv: グループパスワードを/etc/gshadowから/etc/groupに移行する


5.bashを利用するユーザー全員に共通する設定を行うbashの設定ファイルであり、ログイン時に実行されるスクリプトはどれか?

1./etc/bash_login
2./etc/bash_profile
3./etc/.bashrc
4./etc/bash.conf
5./etc/profile

正解:5

/etc/profileはログイン時のみに実行されるスクリプトで、全bashユーザーに共通の設定を記述します。選択肢5.以外のファイルは存在しません。


6.「bash(対話型シェル)が起動される度に、全ユーザーのシェル変数を同一のものに設定したい。これを実現するためのファイルを選択しなさい。

1. /etc/bashrc
2. /etc/profile
3. /etc/skel/.bashrc
4. /etc/skel/.bash_profile
5. ~/.bash_profile

正解:1

Bash用の設定ファイルには、全ユーザー用と各ユーザー用の2種類が存在します。また、ユーザーがログインしたときに利用されるファイルと、Bashが起動される度に利用されるファイルの2種類が存在します。これらをあわせて、Bash用の設定ファイルは4種類存在することになります。このうち、シェル変数は、Bashが起動される度に利用されるファイルに記述します。また、本文では全ユーザー用のファイルが問われています。よって、正解は選択肢1のファイル「/etc/bashrc」になります。


7.local2ファシリティのシスログをXのコンソールに表示する。このとき、設定ファイル「syslog.conf」へ記述する内容を選択しなさい。

1. *.local2 /dev/console
2. *.local2 *
3. local2.* /dev/console
4. local2.* /dev/xconsole

正解:3

本文では、ファシリティに「local2」が指定されています。また、プライオリティは指定されていません。プライオリティを指定しない、すなわち定義されているプライオリティのすべてを指定する場合は、設定ファイルのプライオリティ項目に記号「*」を記述します。このほか、メッセージの出力先にXのコンソール画面が指定されています。コンソールに何かを表示するためには、プログラムの出力先にデバイス・ファイル「/dev/console」を指定します。よって、本文で問われている設定ファイルの記述内容は、次のようになります。

local2.* /dev/console

これで、ファシリティ「local2」に分類されるプログラムが発するメッセージは、すべてコンソール画面に表示されるようになります。ここで、Xのコンソール画面も通常のコンソール画面も、同じデバイス・ファイル「/dev/console」で表されることに注意して下さい(「/dev/xconsole」というデバイス・ファイルは存在しません)。


8.あるシェル・スクリプトを深夜に実行するため、cronを設定した。設定時刻が過ぎてからcronのログ・ファイルを参照したところ、「command not found」と記載されていた。このとき、問題を解決するためにとるべき対策として、下記から適当と思われるものを選択しなさい。ただし同時刻にバックアッププログラムも起動している。

1. シェルスクリプトに「PATH=/bin:/usr/bin:/usr/local/bin ; export PATH」と書く
2. シェルスクリプトに「mount -a」と書く
3. バックアップ・プログラムが動作中は実行できない。このため、cronを実行する時刻を変更する
4. 定時になったらユーザーにメールを送信するように設定し、メールを受け取ったユーザーが手動でシェルスクリプトを実行するようにする


正解:1

cronでシェル・スクリプトを実行する際、ファイル「~/.bash_profile」などで設定される環境変数は流用されません。したがって、シェル・スクリプトの実行に環境変数が必要となる場合は、シェル・スクリプトの最初で定義する必要があります。



9.crontabで、日時を設定するための項目の個数を記入しなさい。

1. 1
2. 3
3. 4
4. 5
5. 6

正解:4.5

cronは指定された時刻にプログラムを実行するためのデーモン・プログラムです。cronを利用した予約を設定するためには、次のようにcrontabコマンドを実行します。

# crontab -e

これにより、テキスト・エディタが開かれるので予約内容を記述します。予約内容は、予約 1つにつき1行で記述します。各行は予約時刻を指定する部分と、実行するコマンドを指定する部分で構成されています。また、予約時刻を指定する部分は次のように5個の部分で構成されています。

分> <時> <日> <月> <曜日>


10.dumpコマンドを適用できないファイルシステムを選択しなさい。

1./usr
2./tmp
3./var
4./proc
5./boot

正解:4

dumpコマンドとrestoreコマンドはデータをバック・アップするためのツールです。dumpコマンドの役目はデータを保存すること、restoreコマンドはdumpコマンドで保存したデータを復元することです。
/procディレクトリ以下のデータは、他ディレクトリ以下のデータと異なり、ハードディスクに保存されていません。/procディレクトリ以下のデータは、アクセスされたとき、Linuxカーネルによって生成されます(※1)。このため、dumpコマンドで/procファイルシステムのデータをバックアップすることは不可能です。

※1:/procディレクトリ以下のデータは、Linuxカーネルやプロセスの状態を表す情報が格納されています。


11.カレントディレクトリ以下の全内容をフロッピーディスクにバックアップするためのコマンドを選択しなさい。

1. tar cf /dev/fd0 .
2. tar cf . /dev/fd0
3. tar cf . /mnt/floppy
4. tar cf /mnt/floppy .
5. tar cf /dev/fd0 . /mnt/floppy

正解:1

tarコマンドはファイルのアーカイブや、アーカイブ・ファイルの展開に利用するプログラムです。tarコマンドで作成したアーカイブ・ファイルの拡張子は一般に「*.tar」となります。アーカイブ・ファイル「file.tar」を展開するためには次のようにtarコマンドを実行します。

$ tar xf file.tar

ここで、「x」オプションはtar形式のアーカイブ・ファイルからファイルを抜き出すためのオプションです。また、「f」オプションはファイル名を指定するためのオプションです。次に、ファイルをアーカイブする方法を紹介します。たとえば、カレント・ディレクトリにあるファイルをフロッピーディスクにアーカイブするためには、次のようにtarコマンドを実行します。ただし、フロッピーディスクはマウントしない状態で実行します。

$ tar cf /dev/fd0 .

ここで、「c」オプションはファイルをアーカイブするためのオプションです。


12.NTPを利用して時刻を設定した。このとき、現在の時刻を確認するためのコマンドを選択しなさい。

1. ntpdate
2. hwclock
3. ntpq
4. date

正解:4

PCの時計は2種類存在します。それは、システム・クロックとハードウェア・クロックです。本文では現在のシステム・クロックの時刻を確認するための方法が問われています。Linuxでは、システム・クロックの時刻を確認するためにdateコマンドを利用します。dateコマンドを引数なしで実行すると、システム・クロックの現在時刻が表示されます。
スポンサーサイト

テーマ : UNIX/Linux
ジャンル : コンピュータ

tag : LINUX LPIC 問題

コメントの投稿

非公開コメント

スカウター
プロフィール

Author:うにえる
個人的メモ

検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。